家族心理学も海外に目を向けると、日本での家族心理研究とは少しニュアンスが違います。海外で生活されている日本人も多く、その中には海外在住を余儀なくされた方、海外での生活が合わない方などもおられ、家族心理のカウンセリングを受けられます。ここでは海外における家族心理カウンセリングの実態をご紹介します。

家族心理カウンセリングを海外で行うときの不安

家族心理カウンセラーはもちろん海外にもおられます。結婚したものの、すぐにお仕事で海外派遣という形になったという方で、家族問題に悩みを持つ方は次のような悩みを持っておられます。

  • 海外での家族心理カウンセリングにかかる費用はどうなのか。
  • 外国人のカウンセラーに日本人の自分が話してわかってもらえるのか。
  • 秘密は守られているのか。

このような悩みや不安を持ちます。ここに、北米における家族心理カウンセラーの事例があります。上記の不安に対して海外での家族心理カウンセリングの実態をみていきます。

家族心理カウンセリングは海外では意外と多くの人が受けている

海外のカウンセリング事情をみますと、家族心理などのカウンセリングを日本以上に気軽に受けているという実態があります。家族心理カウンセリングでは、海外映画でも家族がパーティーをよく行っている場面があるように、海外では特に家族のことをオープンにします。それに比べて日本はやや閉鎖的で、家族心理に関わる家族の問題などは、世間体のことも相まってオープンにはしません。

海外の家族心理カウンセリング事情

海外における家族心理カウンセリングの事例をみますと、日本とは違う様相がみえます。一番多いのが恋愛・夫婦問題で、家族心理や仕事上の人間関係などを含めてメンタルヘルスとして利用されています。特に北米などでは、メンタルヘルスに対する意識が高いと言われ、恋愛問題についても積極的にカウンセリングを受けています。気軽に相談するという習慣があるため、事態が深刻化しないともいえます。

海外における家族心理カウンセリングの特徴

秘密は守られるのか

北米などでは、相談内容は完全に個人情報となり安全に守られます。個人情報については、ネット社会で不安な状況にありカウンセリング情報が漏洩するという懸念で相談が遅れる日本ですが、海外では、家族心理などのカウンセリング情報はカウンセラー自身の責任の下管理されます。これは、カウンセリングの最大のメリットとされています。海外での家族心理の相談では、日本人同士のつながりが少ない中、特に早期相談、早期解決が大切です。気になることというぐらいの段階で相談するといいでしょう。

費用負担

海外においては、保険や会社の福利厚生などが適用されますので気軽にカウンセリングを受けることができます。北米における保険では、福利厚生の保険が充実しており仕事先の福利厚生としてプライベート医療保険があります。また、例えば子どもが自閉症などの場合に、ファミリーカウンセリングを受けることができる政府補助金制度もあります。そこでは、夫婦の子育ての悩みについても相談ができるようになっています。

海外における家族心理カウンセリングのメリット

海外で家族心理カウンセリングを利用する人が多いのは、カウンセリングにおける個人情報などの安全性と費用負担のシステムなどによるものです。北米をはじめとして海外において、家族心理に関わる家族の問題が意外に多いことにも驚かされます。カウンセリング利用者が多い背景に、日本以上にストレス社会であり、カウンセラー自身もその知識やスキル向上のための改善をしています。海外での家族心理カウンセリングのメリットや家族心理などのカウンセリング相談によって得られるものについてご紹介します。

結果に大きな期待ができること

家族心理に関わる問題のカウンセリングでは、アルコールや買い物、ギャンブルなどの依存やパートナーへの過干渉や暴力などの夫婦間の問題が事例として多く紹介されています。また、子どもの教育には積極的ですから、勉強面や友人関係の相談も多くあります。日本と根本的に違うところは、相談者がカウンセラーに心中をすべて打ち明けるところです。この「すべて打ち明ける」ことで問題の根源が明らかになり、早期解決につながります。早期解決によって心が早くクリアになり、本人や家族の費用負担や時間的な負担が少なくなるというメリットがあります。

ストレスの原因がみえる

海外では気軽に家族心理カウンセリングで相談されていますが、特に家族に問題がなくても日々ストレスを感じておられる方がカウンセラーの力を借りられている例があります。カウンセリングで明らかになることは、クライアントの仕事や家庭での様子や言動からクセを把握したり、コミュニケーションの現状を分析したりしてその人の状態を見極めることです。それによって、人間関係や健康、周りの人との接し方、リラックス法などについてアドバイスを送ることで、ストレス改善につながるというものです。

自分の将来や生き方についてカウンセリングしてもらえる

海外の家族心理でよくカウンセラーは、日本でいう占い師のような役割を果たす場合もあります。「彼女と結婚して子どもができて荷が重くなった。自分が始めたばかりの仕事がうまくいくだろうか。」「高齢の両親が不仲で何かしてやれることはあるだろうか。」などという相談が寄せられます。自分と言う人間が、家族の中でどういう役割を果たすのかという自己理解についての相談など、海外の家族心理カウンセリングならではのカウンセリングもあります。

家族心理カウンセリングの海外の事情・まとめ

海外では、費用やカウンセリングの方法などの工夫により、意外と気軽にカウンセリングを受ける方が多いことをご紹介しましたが、言い換えれば、日本では家族心理カウンセリングの敷居が高いといえます。また、海外では、家族の問題は早期解決という習慣があり、それによって家族の問題が大きくならないということが言えます。これから海外での生活が予定され不安を感じておられる方も気軽にカウンセリングを受けることで、海外生活を乗り切ることができます。