家族のコミュニケーションがうまく図れない、親との関係がこじれてしまっている、子供とのギクシャクした関係…家族関係の悩み解決を本に求める方は少なくありません。実は家族間の人間関係だけではなく、身の周りの人間関係の問題にも大変有益なのが家族心理を知ることです。そんな家族心理の本を5冊、厳選してご紹介します。

家族心理の本がもたらすもの

家族心理の本は多岐に渡ります。家族そのものがテーマになったり、システムとして捉えた家族を通じて様々な問題を扱う場合があります。家族の喪失から家族心理を扱うことも。家族心理の本はあらゆる視点で悩みを解決するのです。

家族心理を知る本のおすすめ5選

家族心理を知るためのおすすめ本を5冊、ご紹介します。いずれの本も、家族心理のあらゆる側面からあなたが置かれている環境とその問題点を整理して、効果的な対策を具体的に教えてくれる読みやすい本ばかりですよ。

離れたくても離れられないあの人からの「攻撃」がなくなる本

ブログで知られるモラハラ対策カウンセラーのJoeさんには、モラハラ傾向のある両親との関係に苦しんだ経験があります。モラハラの加害者、被害者の心理を知り尽くしたからこその対策は心を軽くするでしょう。

モラハラに悩むあなたにおすすめの本

モラルハラスメント(モラハラ)は家族心理なしではその全容を理解しづらい問題です。親子関係に支配と服従の関係などが複雑にからみあっており、その影響は夫婦や恋人間だけでなく、上司や同僚、家族や親戚、友人関係…様々な人間関係に及びます。モラハラは「大人のいじめ」です。おかしいな、と思ったらぜひ読んでください。

理不尽なガマンが不要になる方法がわかる

本書では加害者側の攻撃は、被害者が加害者にとって「弱い」立場であることと「有害」であるために生まれるーこの基本がもとになった本を読んだ方々はこんな感想を寄せています。

「ハラスメントを止めさせるには、無関心!その具体的方法がすごく良かったです。」

「よい人になろうとせず、相手に無関心になり、反応や言葉や関わりを減らす。筆者の語り口には切実さと生々しさと必死さを感じる。」

引用元:https://bookwalker.jp/de45b4a25a-4a86-437a-b8f5-7c42dea2eb1e/

毒になる親

自分に自信を持てず、そのために生じる悩みに苦しむ人々を、著者スーザン・フォワードは20年来カウンセリングしてきました。「悩める人生の大きな要因は親である」ことを前提にした筆者のメッセージは必読です。

親や子との関係に悩むあなたにおすすめの本

毒親に傷つけられた子供の心は、歳を重ねても癒されることはありません。不安や恐れ、過剰に膨らんだ義務感やつきまとう罪悪感ての対峙を常に余儀なくされ、心を癒すことにエネルギーを注げないからです。からまった感情を時に精神分析をもとにわかりやすく解説し、苦しみから新しい世界への一歩を踏み出す方法がわかる一冊です。

新しい人生を歩む方法がわかる

自分を守るすべを知らない子供だった時に大人からされたことに対して、あなたには責任はないーと語るこの本を読んだ方々の感想は次の通りです。

「読むのは本当に心の底からつらかったけど読み終わった今ではすごく救われた気分」

「毒親になる可能性はすべての人にあると思う。子育ての難しさを思いつつ、読めてよかったと思った。」

引用元:https://honto.jp/netstore/pd-review_0602084878.html

不登校・ニート・ひきこもりの家族に贈る 気持ちを切り替える力(レジリエンス)

家族支援カウンセラーの森薫さんによる本です。解決型カウンセリングによりクライエント家族にもたらされた数々の課題を解決する中で一番重要な、母親(中心になる人)のマインドセット、気持ちを切り替える力に焦点をあてています。

不登校・ニート・ひきこもりの家族を持つあなたにおすすめの本

家庭や職場などで問題を抱えた人間関係に接してネガティブな気持ちが生じる場面は多々あります。これらへの向き合い方と気持ちの切り替え方を、「言葉」「気持ち」「行動」の面から解説した本です。努力、プロセスが認められにくい世の中だからこそ自分で自分を認める力を養い、自分をまるごと肯定する方法を説いています。

自分を責めずに人生を前向きにとらえ直す方法がわかる

家族の苦戦の解決には母親(中心となる人)の笑顔が必ず必要ー自分をまるごと肯定する方法が網羅されているこの本を読んだ方々からは、こんな感想が届いています。

「自分を褒めたり許したりできるような考え方へ導いてくれる本です。」

「気持ちを良いふうに自然と変えていける本です。無理なく実践できます。」

引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/4908555125/ref=cm_sw_r_cp_awdb_c_DDi1DbC1QB8M2

永遠の別れ-悲しみを癒す智恵の書

世界的な精神科医エリザベス・キューブラー・ロスの遺稿を、悲嘆と喪失の心理分野で指導者として知られるデーヴィッド・ケスラーがまとめた本です。愛する人を失った人にも癒しは必要で、その方法を愛のある言葉で説いています。

身近な人を失った悲しみが癒えないあなたにおすすめの本

ロス博士自身が、二度の流産や離婚した夫との死別、放火事件など波乱に満ちた人生を送っていたため、言葉のひとつひとつに深い重みを感じる一冊です。「悲しみがあるなら泣いて良いの。我慢することなんかいらないの!」というメッセージは、悲しみで心を閉ざしてしまったあなたをしっかりと受け止めてくれるでしょう。

深い悲しみを癒す方法がわかる

『五段階』を知ることだけが重要なのではない。生の喪失だけが重要なのではない。重要なのは、生きられた生であるーと語りかける本には、救われたという感想が集中しています。

「要所要所にとても救われ、癒され、学ぶことができました。」

「沢山の言葉に救われました。母と一緒にこれからも生きていきます。」

引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/4531081595/ref=cm_sw_r_cp_awdb_c_Cxi1DbEJ8BVJB

機能不全家族-「親」になりきれない親たち

精神療法家としてアメリカ・カリフォルニアで活躍している西尾和美さんによる著書です。機能不全な家庭で育ったアダルトチルドレンや共依存症の心的外傷への治療経験から得た機能不全からの脱却メソッドを紹介しています。

家族とのコミュニケーションがうまく行かず悩むあなたにおすすめの本

自分が親から理不尽に怒鳴られたたり、また自分も子どもに意味もなく怒鳴った時など、家族に連綿と受け継がれる負の連鎖はまさに家族心理の問題です。親が健全に機能する家族をつくり、よい人間関係づくりに必要なエッセンスが詰まっています。子供がたくましさと自分と周りへの優しさを持てるよう育てる基盤づくりの第一歩にどうぞ。

健全なコミュニケーション方法がわかる

どうか、自分の子どもに対して、自分の大切な友人に話をするように話してくださいーと語りかけるこの本には、このような感想が寄せられています。

「どのようにわが子に接したら良いのか等も書いてあり、克服に役立つと思います。」

「機能不全ではないと思うご家庭であっても、参考にすべきところが多々あると思いました。」

引用元:https://www.amazon.co.jp/dp/4062569329/ref=cm_sw_r_cp_awdb_c_iFi1DbBSQNFAR

まとめ

家族心理の本をご紹介しましたが、ご紹介した本のレビューを読んでいただき、家族関係に限らず、あらゆる人間関係の問題に有益だということに気づいた方もいるのではないでしょうか。家族以外の人間関係であっても、ベースにあるのは家族関係であり、そこに横たわる家族心理なのです。この中からあなたに必要な一冊が見つかりますように。