家族心理はカウンセリングや研究の基礎になる学問です。家族間や職場の問題など、全国津々浦々で必要とされている家族心理ですが、大都市圏のひとつ、大阪ではどのような環境が用意されているかご存じですか?家族療法に強いカウンセリングルームや家族心理を学べる大学など、大阪で家族心理に触れられる環境をご紹介します。

大阪で家族心理に触れる環境

大阪で家族心理に触れるには、どのような環境があるのでしょうか?家族心理に関する通信教育や書籍で家にいながら家族心理を学べる環境もある一方、家族療法を始めとする家族心理に根ざした心理療法を受けられるカウンセリングルームがあります。また大阪では家族心理を含めた心理学を学べる大学も充実しています。

通信教育や書籍で家族心理を学ぶ

家にいながらにして通信教育で家族心理を学んだり家族心理をテーマにした書籍を通じて、家族心理への造詣を深めることができます。家から離れられない事情がある方や、カウンセリングを受けたり学校に通う時間がない方には都合がいい方法です。しかし家族心理をどの程度理解することができたかなど、客観的な評価は得にくい側面があります。家庭心理を活かすアドバイスも受けにくいでしょう。自ら知ろうとする姿勢はぜひ、活かし続けたいです。

カウンセリングを受ける

家庭心理がベースになった心理療法を受けられる専門のカウンセリングルームを訪ねるのは、家族心理を知る有効な手段です。家族心理がベースの心理療法は、家族療法やファミリー・カウンセリング、カップル・カウンセリングといった複数人を対象にしたものの他、ブリーフセラピーなどが挙げられます。まず自分でできる範囲での問題解決を、家族心理をベースにしたカウンセリングに求めるのは家庭心理に触れる有効な機会になるでしょう。

大学の心理学科で学ぶ

大学の心理学科での学習を通じて家族心理に触れることもできます。心理学科がある大学は多くありますので、家族心理の他、あなたが学びたいテーマを扱っている大学を選んで進学してもよいでしょう。通学を前提にする大学はもちろん、通信制大学でも心理学科で、家族心理を学ぶ科目を擁する大学はあります。共に学ぶ仲間がいることも、更に学習意欲を高めるでしょう。また卒業後の進路も、家族心理をテーマにした研究や臨床などを選べます。

大阪で家族心理に触れるカウンセリングルーム

カウンセリングを受けるのも家族心理に触れるのに有効です。家族心理に密接に関わる心理療法には家族療法やファミリー・カウンセリング、カップル・カウンセリングがあり、このようなカウンセリングを強みにしたカウンセリングルームは大阪にもあります。それぞれどのような特徴があるか、違いをご紹介しましょう。

淀屋橋心理療法センター

淀屋橋心理療法センターは、1983年に設立された日本初の家族療法カウンセリング機関です。問題を抱えるクライエントへの他取り巻く家族へのアドバイスも行い、家族の自律を促します。カウンセリング前の事前相談もしていますので、まずは電話で詳細を確認しましょう。

住所:大阪府豊中市寺内2-13-49 TGCマンション8-302
TEL :0668661510
受付時間:10:00〜16:00(電話受付・平日のみ)
HP:https://www.yodoyabashift.com/about/

オアシス大阪

対面の他、メール、skype、電話、出張でカウンセリングを実施しており、家族心理にも精通しているカウンセリングルームです。家族療法の他、都度適切な心理療法やコーチングで問題解決に導きます。望む人生を取り戻す道程の伴走者です。学生や主婦の方には料金割引サービスがあります。

住所:〒533-0031 大阪市東淀川区西淡路1-1-9 ビジネス新大阪516号
TEL:06-4862-5912
受付時間:10:00〜20:00
HP:http://oasis-osaka.net/

MEDI心理カウンセリング

MEDI心理カウンセリングは、一般社団法人国際心理支援協会が運営するカウンセリングルームです。臨床心理士・公認心理師が家族療法やカップル・カウンセリングを実施しており、必要に応じてクライエントのニーズに合った専門機関の紹介や病院、学校との連携も行っています。

住所:〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満6丁目2−14
マッセ梅田ビル 2号館 602号
TEL:06-6926-4544
受付時間:要問合
HP:https://medi-counseling.com/fee/family/

大阪で家族心理を学べる主な大学

大阪で家族心理を学べる大学にはどのようなところが挙げられるでしょうか。家族心理が心理学科の科目のひとつとして設定されている主な大学をご紹介します。家族心理の学びを深めていけば、大学院などで研究テーマにすることもできます。また、個人の心理としてではなく集団や複数対個人の心理を学ぶためには欠かせない学問です。

帝塚山学院大学 人間科学部 心理学科

帝塚山学院大学では、豊かな教養を身につけ、自学自習の精神で品性高い人材を育成することを目指しています。帝塚山学院大学人間科学部心理学科では、家族心理学を基幹科目を踏まえた展開科目として「家族心理学Ⅰ・II」が控えています。同じカテゴリー内の科目には臨床心理学や心理アセスメント法などがあることから、カウンセリングや心理臨床を学ぶための重要な素地になることがわかるでしょう。実社会で役立つ学びが魅力のひとつの大学です。

HP:https://www.tezuka-gu.ac.jp/faculty/psychology/

立命館大学 総合心理学部 総合心理学科

立命館大学総合心理学部総合心理学科では、科を更に4つのコースに分けて多角的に心理を学べるしくみを整えています。家族心理学はこのコースの中の「社会・共生コース」で、専門科目として扱われています。社会・共生コースとは、自己対社会といった身近な人間関係から地域やグローバル社会で発生する紛争問題まで、様々な人間関係での問題の解決を学修するコースです。さらに、社会で起こる問題や課題を心理学的側面から解決することを目指します。

HP:http://www.ritsumei.ac.jp/psy/

追手門学院大学 心理学部 心理学科

追手門学院大学では、「行動しながら学び、学びながら行動する」をコンセプトにAIの時代に対応できる人材を育成しています。この方針をもとに、追手門学院大学心理学部心理学科では更に4つのコースに分けた教育を実施中です。そのうち家族心理学は、社会・犯罪心理学コースで学ぶ科目として用意されています。このコースは、複数の人々が取り巻く環境下での個人のこころの動きや、犯罪に対する意識や犯罪へと向かう心理を学ぶコースです。

HP:https://www.otemon.ac.jp/nyushi/education/psychology/department.html

まとめ

大阪で家族心理に触れる機会は、大きく分けてカウンセリングルームに行くことと、心理学科のある大学で学ぶことに分かれることがわかりました。あなたに合った方法で家族心理を知り学ぶ環境は探せば見つかるものです。ハードルはそう高くないはずですので、これらの情報をヒントに様々な角度から家族心理に触れてみましょう。