家庭内において多い悩みが家族との人間関係です。

この記事を読んでいるあなたも何かしらの悩みを抱えているかもしれません。

そんな中、近年注目されているのが家族心理の資格です。

家族心理は旦那や妻の視点、または子供の視点などを家庭に合わせて学べる心理学です。この家族心理を学ぶことで、家庭内のトラブルの解消や家族との関係改善が図れるでしょう。

そんな家族心理ですが、学ぶには通信講座を利用することが多いです。しかし、家族心理の講座には種類が多く、悩むこともあります。

今回はそんな悩みを解消するために、おすすめの家族心理の通信講座の種類を紹介します。

家族心理の通信講座の種類

家族心理の通信講座を取り扱っているスクールは多くあります。その中でも特におすすめの通信講座を3つ紹介します。

諒設計アーキテクトラーニング 夫婦・家族心理カウンセラーW資格取得講座

諒設計アーキテクトラーニングの通信講座は、初心者にもカウンセラーを本業として目指す人にもおすすめと言えるでしょう。

また、この講座は、家族心理の基礎を全体的に学べる講座と、修了と同時に資格取得の特典が付いた「スペシャル講座」があります。

スペシャル講座を受講し、卒業認定を受けると「夫婦心理カウンセラー」と「家族心理カウンセラー」の資格試験が免除になります。

つまり、スペシャル講座を受けるだけで「夫婦心理カウンセラー」や「家族心理カウンセラー」を名乗ることが出来るのです。

実際にカウンセラーとして活動を行いたい方はこちらを受講するのがいいでしょう。

また、受講期間については、最長6か月、最短2か月でカウンセラーになることが出来ます。

やる気がある人やカウンセラーとしてのキャリアを目指す人にはおすすめです。

各講座の値段は基本講座が59800円、スペシャル講座が79800円となっており、分割払いにも対応しています。

ポイント

  • スペシャル講座を受ければ試験が免除で資格取得!
  • 最短2か月でカウンセラーに!やる気のある人はどんどん学習!
  • 基本講座:59800円、スペシャル講座:79800円。分割払いも対応!

SARA スクールジャパン 夫婦・家族心理カウンセラーコース

男女問わず受講できますが、特に女性の方におすすめします。

女性の資格に特化した通信講座のため、配布教材のレイアウトも見やすく学習しやすいです。

また、このSARA スクールジャパンも先ほどの諒アーキテクトラーニング同様、資格を取得するための試験が免除のコースがあります。

夫婦・家族心理カウンセラーコースは基本コースとプラチナコースに分かれており、このプラチナコースを受講することで資格取得が可能です。

女性の方で本格的にカウンセラーを目指す場合は、こちらを利用するのがいいでしょう。

ポイント

  • 女性からの支持が圧倒的に高い
  • プラチナコースで試験免除!2つの資格を取得!
  • 基本講座:59800円、スペシャル講座:79800円!

資格のキャリカレ 家族療法カウンセラーコース

通信講座の学習が上手く進められるか心配な人におすすめです。

資格のキャリカレでは、専属のサポートスタッフがついてくれます。

専属のサポートスタッフは、あなたに合わせて学習スケジュールを立ててくれるので、「自分でペースを掴みにくい」という方でも安心して学習していくことが可能です。

これらのサポートは合計700時間分もあるため、何度でもスケジュールの組み立てや相談などを行ってもらえます。

また、使用教材もテキストのみならず映像教材が付いてくるのが魅力です。

映像教材には、実際のカウンセリング風景が収録されているため、今後キャリアアップを考えている方にもありがたいです。

そして、質問がスマホ完結なところも見逃せません。

通常、通信講座で質問をする場合は、質問票を送付するのが一般的です。

しかし、資格のキャリカレでは、質問をすべてスマホで行うことが出来ます。

さらに、このスマホでの質問は回数が無制限に設定されていますので、何度でも質問することが出来ます。

受講期間は700日で料金は46000円です。

現在、ネットから申し込みを行うと1万円割引されるキャンペーンを実施中です。

資格の取得よりも、手厚いサポートを受けながらじっくり学習したい人におすすめの通信講座です。

ポイント

  • 専属のスタッフによる手厚い学習支援とスマホでの質問完結!
  • 実際にカウンセリング風景を収録したビデオ教材!
  • 受講期間は700日!ネット申し込みで36000円

家族心理の通信講座を受けるメリット

ここまで家族心理の通信講座の種類についての説明をしました。

その中で、「実際に通信講座を受けるメリットはあるのか」と言った疑問を抱く方も多いでしょう。

そんな方のために、ここからは家族心理の通信講座を受けるメリットを紹介します。

子どもの悩みに的確に答えられる

現状の学校教育現場には「いじめ」や「不登校」といった様々な問題があります。

例えば、今あなたの子供が実際にこのような現状に直面した際、あなたは的確なアドバイスや行動を取る自信がありますか。

当然のことながら、親心として子供を守りたい気持ちはあるでしょう。そのため、子供の為に一生懸命アドバイスを行うはずです。

しかし、あなた自身の子供時代を思い返してみてください。「あの時、親からあんな言葉をいって欲しかった。」「学校が辛いときに無理やり学校に行かされて辛かった。」などの思いはないでしょうか。

つまり、親が子供のためにとる行動が、必ずしも子供が求めている最適解ではないことがあるのです。

しかし、家族心理を学ぶことで科学的根拠に用いて子供の心理を理解することが出来、子供にとっての最適なアドバイスや行動が取れるようになります。

子供が対人関係で躓いたときなどに、より寄り添ってあげられる力を身に着けることが出来るでしょう。

家族の問題を客観的に見ることが出来る

家族という小集団は主体的です。

例えば、あなたが子供や旦那または妻の問題行動に不満を持っていたりする場合、つい感情的になってしまう場合があります。

これは家族という集団を主体的に捉えていることが原因です。

「どうして自分が思った通りに動いてくれないのだろう」、「なぜこんな行動ばかり起こすようになってしまったのか」と考えてしまうことがあるかもしれません。主体的に物事を捉えてしまうと、どうしても自分の感情を優先させてしまいます。

しかし、家族心理を学ぶことで、相手の気持ちや問題行動の根本原因を探すための客観的目線を身に着けていくことが出来ます。

問題行動の原因がどこにあるのかが分かれば悲観したり、感情的になったりせずに具体的な改善策を出すことが出来るでしょう。

家族心理の知識があることで家族の問題行動や課題解決を冷静に行うことが可能になります。

カウンセラーとして仕事が出来る

心理カウンセラーを目指す人は、家族心理の通信講座を受けることでカウンセラーとして仕事をすることが出来ます。

通信講座によっては「夫婦心理カウンセラー」と「家族心理カウンセラー」の両方の資格を取得することも可能なので、夫婦間の問題や子供の問題行動などに総合的に対処できるのは強みでしょう。

近年、子供や家族の悩みは深刻化している傾向があるため、カウンセリングルームを訪れるクライアントの数も年々増加傾向にあります。

従って、カウンセリングルームやカウンセリングサービスも年々増えているので資格を取得し、活躍していくことも可能です。

あなたや友人、親戚などの夫婦問題を解消できる

近年の日本において、離婚をする夫婦は非常に多いです。平成27年の厚生労働省の調査によると、日本の離婚率は約35%となっており、1年間の離婚件数は22万件にも上ります。

もし、あなたやあなたの友人が離婚してしまったらやはり悲しいですよね。

家族心理は子供の悩み、または家族全体の悩み以外にも夫婦間の問題についても心理的側面から学習していくことが可能です。

夫婦間の問題は離婚問題のみならず、家事や育児など多岐に渡ります。

その問題に対して夫婦が衝突を避けるために何をするべきなのかと言った具体的な方法を学ぶことで家庭内を円滑にすることが出来ます。

現在、男女共働きであることが当たり前であり、昔ながらの夫婦関係とは違う問題も多くあるでしょう。

家族心理を学ぶことで、今の時代に合わせた夫婦関係の構築の改善や助言を行うことが出来るようになります。

偏見がなくなる

家族心理を学ぶメリットとして、最後に上げられるのが、偏見がなくなることです。

人は自分とは違う価値観や生活などに対して、批判的な感情を持ちやすい特性があります。

例えば、「非行」や「不登校」、「片親」などの言葉を聞くと、少しネガティブな印象を持つのではないでしょうか。

しかし、これらの「非行」や「不登校」といったものは言葉の表面上を捉えたものに過ぎず、一番大切なのはそれで苦しんでいる人たちのことを想像する力です。

したがって、家族心理を学ぶことは、これらの事象に対する表面的な偏見を取り払い、その先にある「心」に目を向けることが出来るようになります。

これらの偏見を取り去ることで、もし家族に「非行」や「不登校」といった事象が起こっても、悲観的にならずにどのような対処をすればいいのかを冷静に判断出来ます。

心理的トラブルに対して、一番苦しいのは当の本人です。その隣で家族が落ち込んでいたり、理解してくれなかったりしたらさらに辛いですよね。

家族心理を学ぶことで心理的トラブルに対する偏見をなくし、適切な声掛けや態度を示せるようになりましょう。

家族心理の通信講座を活かせる仕事とは?

家族や家庭内における問題が増加かつ深刻化している現在において、家族心理の通信講座を受ける方も多いです。

しかし、「家族心理って最近よく聞くけど、実際に仕事に活かせるの?」と思うこと方も多いでしょう。

ここからは家族心理の通信講座を活かせる仕事を紹介していきます。

家族心理を活かせる仕事は無数にある

家族心理を活かした仕事としてまず上げられるのが心理カウンセラーです。

あなたは、現在のメンタルヘルスの患者数を知っていますか。

厚生労働省が発表した平成29年度のメンタルヘルスの患者数は、400万人にも達し年々増加傾向にあります。

また、これらのメンタルヘルスの原因は職場関係が主ではありますが、虐待やDVなどによる精神疾患も含まれています。

このようなメンタルヘルスの増加に伴い、今後カウンセラーの需要は高くなるでしょう。

また、職場関係や対人関係などを統括的にアドバイス出来る心理カウンセラーは多いですが、その中で家庭環境や学校教育に関する専門性を持ったカウンセラーは少ないのが現状です。

そのため、家族心理の通信講座を活かせる仕事は今後さらに需要が高まる見込みと言えます。

家族心理の通信講座を活かした職業

電話・メールカウンセリング

電話やメールを使用したカウンセリングは年々増加しています。

また、電話やメールのみならず、現在ではスマホアプリを利用したカウンセリングサービスも始まっています。

その中で、家族心理の通信講座を受けていることは大きな強みとなるでしょう。

心が本当に弱ってしまっている方は、病院に来院したりカウンセラーの元に向かうのも辛かったりします。

その中で、このようなサービスを利用し、あなたに助けを求めてくる人は多いです。

電話・メールカウンセリングは家族心理を活かせる職業と言えます。

スクールカウンセラー

年々、いじめや不登校の問題が増加している学校現場でも家族心理は活かせるでしょう。

また、学校内での問題行動は家庭環境が起因している場合が多いため、スクールカウンセラーとして家庭問題に干渉することもあります。その中で、家族心理を勉強しておくことは必要不可欠と言えます。

子供が問題を抱えている場合は、その親も問題を抱えている場合が多いです。

従って、家庭環境を総合的に支援できる力が身につく家族心理は重要になります。

児童福祉施設職員や医療現場

児童福祉施設は、様々な心の傷を負った子供が多く、カウンセリングを必要とする現場です。日常の問題行動だけでなく、認知の歪みを正していくことなども求められます。

家族心理の通信講座の中には、子供の問題行動や課題に対しての克服法などを教えているものも多いため、児童福祉施設でも大いに役立つでしょう。

また、医療現場における院内学級などでは子供の個性を大事にしたケアが重要視されます。

病気で学校にいけない子は、自分自身の存在にひどく落ち込みがちです。そのようなときに家族心理の通信講座で得た知識は大変役に立ちます。

個人カウンセラーとして独立開業を目指す

家族心理の通信講座を利用して独立開業を目指すことも可能です。

現在、離婚などの夫婦間トラブルや子供の非行など、家族に関する問題は年々増加傾向にあります。

また、ひきこもりの問題も非常に多くその数は61万人にも上ります。そのため、そういった人たちの支援を行う企業も近年増加傾向にあり、今後も需要は拡大していくでしょう。

さらに、夫婦間の問題も近年増加しているため、夫婦問題アドバイザーなどの仕事もあります。

結婚したカップルの実に3割が離婚している昨今において、夫婦間の問題を解決できるサービスは需要が高いと言えるでしょう。

独立開業と聞くと大げさに聞こえてしまうかも知れませんが、現実問題としてひきこもりの問題や離婚などで苦しんでいる人がこれだけ多い訳なので非現実的な話とは言えません。

本の執筆や講演活動

家族心理は現在の日本の家庭における問題を専門的に学ぶことが出来ます。

そのため、それらに関する知識を基に、講演活動や執筆活動を行うことも可能です。

現在では家族心理カウンセラーとしてテレビに出られる方も多く、世間の注目度も高いです。

実際にカウンセラーとして働く道だけでなく、その知識を伝える活動も行えるでしょう。

まとめ

  • 家族間の問題を解決するには家族心理を学ぼう!
  • 家族心理の通信講座は今後のキャリアや自分の性格に合わせて吟味!
  • 家族心理を学ぶことで自分の家庭だけでなく、周りの問題解決も行える!
  • スクールカウンセラーや児童福祉施設などの子供の関わる現場で活かせる
  • 独立開業や講演活動も夢ではない

現在、家庭を取り巻く環境は多種多様です。夫婦間の問題や子供の非行、学校でのいじめ、それらに対して専門的かつ的確なアドバイスが出来る人材は少ないです。

その中で家族心理を学ぶことは、問題や課題で苦しむ当該者のみならずその家族も含めて支援できる資格であると言えます。

家族心理の通信講座を利用して、是非、キャリアアップに役立ててみてください。

家族心理の資格5選!メリットや仕事、資格取得方法まで丸分かり!